沖縄県高校野球 甲子園懸け熱戦開幕

© 株式会社琉球新報社

 夏の甲子園出場を懸けた第104回全国高校野球選手権沖縄大会が18日、全国トップを切って開幕した。那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で行われた開始式で、美里工3年の阿良皓太主将が「(日本復帰50年の)新たな歴史のスタートにふさわしい、正々堂々とした気迫あふれるプレーで最高の夏にすることを誓う」と宣誓した。

 66校61チームが熱戦を繰り広げる。決勝は7月17日午後1時から同球場で行う予定。会場はセルスタを主会場に沖縄市のコザしんきんスタジアム、宜野湾市のアトムホームスタジアム宜野湾、名護市のタピックスタジアム名護の4球場を使用する。

 球場は県の新型コロナ対処方針に従い、入場制限をしながら一般を含めた有観客とする。 (金良孝矢)