20日(月)にかけて大気不安定 急な激しい雨や落雷・突風に注意 蒸し暑さも続く

© 株式会社ウェザーマップ

19日(日)夜の発雷確率

 東日本では19日(日)夜遅くにかけて、北日本では20日(月)にかけて大気の状態が非常に不安定となる見込み。落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょう、局地的な非常に激しい雨に注意が必要。また、蒸し暑さも続くため、熱中症にも注意が必要だ。

天気急変のおそれ

20日(月)午前9時の上空の寒気と予想天気図

 20日にかけて、北日本の上空約5500メートルには、-12℃以下の寒気が流れ込む見込み。また、日中の気温上昇により、東日本では19日夜遅くにかけて、北日本では20日にかけて大気の状態が非常に不安定となり、所々で積乱雲が発達する見通し。

積乱雲が近づくサイン

 このため、東日本では19日夜遅くにかけて、北日本では20日にかけて落雷や竜巻などの激しい突風、局地的な非常に激しい雨に注意が必要。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めたい。また、降ひょうのおそれもあり、農作物や農業施設の管理にも注意が必要だ。

熱中症にも注意を

20日(月)の全国の天気と予想気温

 20日にかけても気温はこの時季としては高い所が多く、西日本や東日本を中心に30℃前後まで上がる見込み。また、湿度も高いため、室内でも熱中症にかかるおそれがある。喉が渇いていなくてもこまめに水分をとったり、我慢せず冷房を使用したりするなどの熱中症対策をこころがけたい。