女性が車にはねられ死亡 専修学校教員の男を逮捕

© 奈良テレビ放送株式会社

 18日夜、三郷町で女性が車にはねられ死亡する事故があり、車を運転していた教員の男が逮捕されました。

 事故があったのは三郷町勢野東の県道です。警察によりますと、18日午後8時45分ごろ、軽四自動車が道路を横断していた、近くに住む60歳の女性をはねました。女性は頭などを強く打っており、病院に運ばれましたが、およそ1時間半後に死亡が確認されました。警察は、車を運転していた大阪市内の専修学校の教員、中溝勲容疑者42歳を、過失運転致傷の疑いで逮捕しました。警察の調べに対し、中溝容疑者は「事故を起こしたことは間違いない」、「気がついたら目の前に歩行者がいた」などと供述し容疑を認めているということです。警察は事故の詳しい原因を捜査しています。