『奈良の鹿』は「神の使い」 歴史は1250年余り 「鹿せんべい」→江戸時代の名所案内にも登場

© 株式会社ラジオ関西

奈良の鹿は「神の使い」 人との結びつきの歴史

奈良県のシンボルとされる動物といえば、鹿。観光客から愛されるキュートなマスコット的存在でありながら、奈良公園周辺では神の使い「神鹿」として信仰を集め、国の天然記念物に指定されている“神々しい”生き物でもあります。

【写真】奈良公園へ行った人なら「そうそう、コレ!」となるはず「鹿せんべい」

奈良公園や春日大社を訪れると、少し歩いただけでものびのびと暮らす鹿たちに遭遇します。商店に鹿が入ってくるのも日常茶飯事といいますが…よく考えてみると不思議な光景ですよね。そこで「奈良の鹿愛護会」(所在地:奈良市春日野町)の石川さんに、奈良公園と鹿の結びつきについて聞いてみました。

奈良の鹿愛護会は、その名の通りその名の通り奈良公園周辺に生息する鹿たちを保護する組織。活動内容は、エリア内の巡回に、ケガや病気になった鹿の保護、鹿の生態調査から児童・学生に向けた啓発活動など、多岐にわたります。

前身の「春日神鹿保護会」が1891年に設立されたので、100年以上の歴史を持つことに。「私たちのような組織が設立させるはるか昔から、時代ごとに鹿を見守り、保護する人たちはいました」と石川さん。

そもそも「奈良公園といえば鹿」というイメージは県外でもすっかり定着していますが、奈良と鹿の関係性はいつから始まったのでしょうか?

奈良に鹿が生息し始めたのがいつ頃か、正確な時期は不明です。しかし、さかのぼること1250年余年。春日大社の由緒を記した『古社記』には、768年の時点で「白い鹿」にまつわる伝説が残されており、日本最古の歌集『万葉集』(600年頃~760年頃の作品を収録)にも奈良に鹿がいたことが分かる和歌が詠まれています。

当時は今以上に鹿が重んじられており、鹿を傷つけた者には厳しい罰が与えられたそう。あくまで伝説ですが、鹿を殺めてしまった少年・三作が、刑罰として穴に生き埋めにされた……というおどろおどろしい話が残っているほどです。

鹿のおやつとして観光客が買い求める「鹿せんべい」は、江戸時代前期からすでに存在していたと言われています。1791年に出版された『大和名所図会』にも、茶屋に座っている男性が鹿にせんべいのようなもの与えている様子が描かれており、現代と変わらず鹿が愛でられていたことがうかがえます。

「春日大社には『神鹿信仰』があり、昔から鹿が大切にされてきました。そのため、鹿も人を怖がらなくなり、多くの人々が訪れる奈良公園でも生活するように。奈良に根付いた『鹿を大切にする』という文化が長年をかけて定着したおかげで、今の県外からの観光客にも愛される環境ができたのでしょう」(石川さん)

ここまで野生生物と人間が共存している地域は、日本だけではなく世界を見てもかなり珍しいことなのだとか。そのぶん、鹿があくまで「野生生物」であることを忘れてはいけません。

「出産を終えたばかりの母鹿は、子鹿を守るためにとてもナーバスになります。周囲に対して攻撃的になり、あまり接近しすぎると母鹿から攻撃されることもあります。また、発情期(9月~11月)になると雄鹿同士で戦うこともあり、なわばりに入ってきた場合は、人間であっても攻撃される危険性があります」(石川さん)

石川さんいわく、幼い頃から鹿に馴染みがある奈良県民にとって鹿とは「当たり前のように存在し、大切にすべき存在」なのだとか。奈良の歴史と共に歩んできた鹿がこれからもイキイキと暮らせるよう、適度な距離を保って見守っていきたいものです。

(取材・文=つちだ四郎)