北日本で大気不安定、上空に寒気

気象庁が注意呼びかけ

© 一般社団法人共同通信社

気象庁=東京都港区

 上空に寒気が流れ込む影響により、北日本では20日夕にかけて大気の状態が非常に不安定になるとして、気象庁は、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょう、局地的な激しい雨に注意を呼びかけた。

 気象庁によると、北日本の上空約5500メートルに氷点下12度以下の寒気の流入が続く。一方で、日中は気温が上昇するため、気温差から大気の状態が非常に不安定となり、積乱雲が発達する所がある見込み。

 発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は、建物内に移動するなど安全を確保するほか、ひょうによる被害の恐れがあるため、農作物や農業施設の管理に注意が必要としている。