チョコレート工場で火災 敷地内プレハブ「工務室」が全焼 出火当時は休日で操業なし 狭山・芥川製菓

© 株式会社埼玉新聞社

製菓工場の工務室で火災=狭山市

 19日午前4時半ごろ、埼玉県狭山市広瀬台3丁目、芥川製菓狭山工場敷地内から出火、プレハブ平屋約15平方メートルを全焼した。

 狭山署によると、通行人が現場から煙と炎が出ているのを発見し、119番した。建物は工場内にある機械の修理などを行う工務室として使われていたという。出火当時、同工場は休日で操業していなかった。

 同署で火元と出火原因を調べている。