陸連、トランス選手の規制検討

コー会長、水連に続き

© 一般社団法人共同通信社

世界陸連のセバスチャン・コー会長=2021年5月、国立競技場

 世界陸連のセバスチャン・コー会長が出生時の性別と自認する性が異なるトランスジェンダーの選手に対し、女子カテゴリーへの出場を規制する可能性があると20日、英BBC放送(電子版)の取材に語った。国際水泳連盟(FINA)が19日にジェンダーに関して同様の指針を定めたことに賛同の意思を示した。

 FINAは男性から性別変更した選手が女子として出場するためには、男子として思春期を過ごしていないことなどを条件に定めた。コー会長は「インクルージョン(包摂)か公平性かの判断となれば、われわれは常に公平性を選ぶ」などと述べた。(ロンドン共同)