特殊詐欺被害防止チラシ 県下全警察署長が被害防止呼びかけ

© 奈良テレビ放送株式会社

 特殊詐欺による被害が増加する中、県内全ての警察署長が詐欺被害防止を呼び掛けるチラシが制作されました。

 お披露目されたチラシには、県内に12ある警察署の署長の顔が入っていて、特殊詐欺への警戒を呼び掛けています。地域の人に一番なじみのある警察官として警察署長が選ばれたといい、耳や口に意識が行きがちな電話での会話に視覚で訴える効果が期待されています。県内では、今年に入って5月末までに、特殊詐欺の件数が75件、被害額が約1億5千万円に上るといいます。このチラシは、それぞれの警察署により、特殊詐欺被害件数の8割を占めるという65歳以上の高齢者に順次配られ、県警では、固定電話の近くにでも貼っていただきたいと話しています。

県警犯罪抑止対策室・中西篤史室長
「固定電話に電話があった時に、例えばお金の話が出た時には、一呼吸置いていただいてご家族に相談いただく、必要に応じて警察に通報するなど決して焦ることなく、対応していただきたい。」