中国の鄭渝高速鉄道、全線開通

© 新華社

中国の鄭渝高速鉄道、全線開通

20日、鄭渝高速鉄道の重慶発第1便となる北京行きのG52便。(重慶=新華社記者/唐奕)

 【新華社重慶6月21日】中国の河南省鄭州市と重慶市を結ぶ鄭渝高速鉄道が20日、全線開通した。これにより、重慶から北京が最速で6時間46分、鄭州までが最速で4時間23分で結ばれるようになる。

中国の鄭渝高速鉄道、全線開通

20日、鄭渝高速鉄道の重慶発第1便となる北京行きのG52便の車掌。(重慶=新華社記者/唐奕)

 鄭渝高速鉄道は全長1068キロ。北の河南省鄭州市を始点とし、河南、湖北両省を経由して南西部の重慶市に至る。縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の主要路線の一つで、中原(黄河中・下流域)地域と華中地域、南西部を高速で結び、中原の都市群、成都と重慶を中心とする「成渝地区双城経済圏」、長江経済ベルトなどの発展を促進する上で重要な役割を担う。

中国の鄭渝高速鉄道、全線開通

20日、鄭渝高速鉄道の重慶発第1便となる北京行きのG52便の車内で警備に当たる警備員。(重慶=新華社記者/唐奕)

中国の鄭渝高速鉄道、全線開通

20日、鄭渝高速鉄道の重慶発第1便となる北京行きのG52便の前で写真を撮る乗客ら。(重慶=新華社記者/唐奕)

中国の鄭渝高速鉄道、全線開通

20日、重慶北駅の北広場から駅に入る乗客。(重慶=新華社記者/唐奕)

中国の鄭渝高速鉄道、全線開通

20日、重慶北駅で北京行きのG52便に乗る乗客。(重慶=新華社記者/唐奕)

中国の鄭渝高速鉄道、全線開通

20日、重慶北駅で発車を待つ北京行きのG52便。(重慶=新華社記者/唐奕)

中国の鄭渝高速鉄道、全線開通

20日、鄭渝高速鉄道の重慶発第1便となる北京行きのG52便の車内で荷物を整理する乗客。(重慶=新華社記者/唐奕)

中国の鄭渝高速鉄道、全線開通

20日、鄭渝高速鉄道の重慶発第1便となる北京行きのG52便で、安全に関する説明を行う鉄道公安と乗務員。(重慶=新華社記者/唐奕)

中国の鄭渝高速鉄道、全線開通

20日、鄭渝高速鉄道の重慶発第1便となる北京行きのG52便の乗務員。(重慶=新華社記者/唐奕)

中国の鄭渝高速鉄道、全線開通

20日、鄭渝高速鉄道の重慶発第1便となる北京行きのG52便の付近をパトロールする鉄道公安。(重慶=新華社記者/唐奕)

中国の鄭渝高速鉄道、全線開通

20日、鄭渝高速鉄道の重慶発第1便となる北京行きのG52便の付近をパトロールする鉄道公安。(重慶=新華社記者/唐奕)

中国の鄭渝高速鉄道、全線開通

20日、鄭渝高速鉄道の重慶発第1便となる北京行きのG52便の前で写真を撮る乗客。(重慶=新華社記者/唐奕)

中国の鄭渝高速鉄道、全線開通

20日、重慶北駅を発車する北京行きのG52便。(重慶=新華社記者/唐奕)