大自然の中で初挙式 ミャンマー出身夫妻 祝福受け愛を誓う 糸魚川市高浪の池

© 株式会社上越タイムス社

 糸魚川市小滝地区の高浪の池「ヒーリングガーデンたかなみ」で19日、初めて結婚式が執り行われた。ミャンマー出身のゾウラットさん(34)とキンピョンイーさん(28)の夫妻が友人らの祝福を受け、大自然の中で式を挙げた。

伊藤さん(右)の立ち会いで指輪交換をするゾウラットさん(左)とキンピョンイーさん

 二人は来日6年目。就労に当たり小滝地区での勉強会に参加、研修を受けるなどした。現在、ゾウラットさんは技能実習生、キンピョンイーさんは労働者として市内事業所に勤務している。
 今回、同地区で長くミャンマーからの人材受け入れを支援してきた伊藤壮一さん(54)が仲人役を務め、有志による結婚式が実現した。花で彩った手作り式場を広場に設けた。
 ジューンブライドは晴天に恵まれ、同郷の友人、同施設スタッフ、勤務事業所の代表ら約30人が参加した。新郎は純白のタキシード、新婦はウエディングドレスに身を包んで入場。指輪交換し、永遠の愛を誓った。
 祝辞で事業所代表は、熱心な仕事ぶりに感謝し「本当に良い縁。末永くお幸せに」と喜んだ。
 人生の大きな舞台に「どきどきする。日本でこんな大きなパーティーができるのは夢のよう。(母国の)家族も喜んでくれている」とゾウラットさん。ウエディングドレスが憧れだったキンピョンイーさんは「とてもうれしい。イメージ通りの式」と感激した。
 仲人役の伊藤さんは
「何よりお天気になって良かった」と胸をなで下ろし、二人の幸せな様子を見守った。

祝福を受けて記念写真に収まる新郎新婦