22日(水)の天気 東日本中心に不安定な天気 東海・関東南部は朝まで激しい雨の所も 蒸し暑さ続く

© 株式会社ウェザーマップ

 きょう22日(水)は、朝まで西日本・東日本の太平洋側で雨の降る所が多く、東海や関東南部では局地的に激しい雨が降る見込み。日中、雨が止んでも、東日本を中心に不安定な天気が続くため、空模様の変化に注意が必要だ。北日本は日本海側を中心に晴れ間が広がる見込み。蒸し暑さが続くので、きょうも体調管理に気を付けて過ごしたい。

広範囲の雨は朝まで 日中も東日本中心に不安定

 梅雨前線の影響で、午前5時現在、西日本から東日本の太平洋側にかけて雨の降っている所があり、東海や関東南部では、局地的に活発な雨雲がかかっている。この雨雲は、朝のうちに関東の東海上に抜ける見込みだが、これまでの雨で静岡県・千葉県では土砂災害の危険性が高まっている所があるため、土砂災害に警戒するとともに、河川の増水などにも十分な注意が必要だ。

 日中は、西日本で晴れ間の戻る所が多いが、東日本の内陸を中心に不安定な天気で、にわか雨や雷雨の所がある見込み。急な強い雨、落雷や突風にも注意が必要だ。

北日本の晴れ間も続かず 24日(金)は大雨のおそれ

 北日本の太平洋側は雲が取れにくいが、日本海側では午前中を中心に晴れ間が広がる見込み。ただ、晴れ間は続かず、夜は北海道の日本海側で雨の降り出す所がありそうだ。
 さらに、あす23日(木)以降、前線を伴った低気圧が発達しながら日本海を進むため、24日(金)は北日本で局地的に大雨のおそれがある。日本海側を中心に風も強く、強風や高波にも注意が必要だ。

蒸し暑さ のち週末は厳しい暑さに

 きょうの日中も全国的に蒸し暑くなりそうだ。最高気温は、梅雨明け後の青空が広がる沖縄では30℃以上の真夏日、その他も西日本を中心に30℃前後まで上がる見込み。東京など関東から北の太平洋側では前日より気温が低くなるが、湿度が高いので不快な蒸し暑さを感じる所が多くなりそう。

 週末にかけては、さらに気温の上がる所が多く、盛夏並みの厳しい暑さとなる見込み。朝晩も気温が高めで熱帯夜になる地域も予想される。屋外だけではなく、屋内や夜間も熱中症に注意が必要だ。

(気象予報士・海老原美代子)