石川知事、大雨には「早め対応」 地震被災地を視察

亀裂が入った珠洲市立飯田小学校のグラウンドを視察する石川県の馳浩知事(右から2人目)=22日午後

 石川県の馳浩知事は22日、震度6弱や5強を観測する地震が相次いだ珠洲市を訪れ、グラウンドに亀裂が入った市立飯田小や崖崩れの現場を視察した。終了後、報道陣に「まとまった雨が予想され地盤が緩んで土砂災害も想定される。住民への避難呼びかけなど早めに対応する」と強調した。

 市役所で泉谷満寿裕市長から被害状況を聞いた馳知事は「(気象庁は)1週間程度は地震活動が続くとの評価なので、緊張感を持って取り組んでほしい」と応じた。また「(能登地方で多発する)地震の調査をさらに進めるよう文部科学省に要望している」と説明した。

© 一般社団法人共同通信社