反ワクチン団体代表を追起訴

別の接種会場に侵入罪、東京地検

© 一般社団法人共同通信社

 東京都新宿区の新型コロナウイルス感染症のワクチン接種会場に押し入ったとして、東京地検は22日、建造物侵入の罪で、職業不詳倉岡宏行容疑者(43)ら男女5人=別の会場への建造物侵入罪で起訴=を追起訴した。倉岡被告はワクチン接種に反対する「神真都Q会」のリーダーを自称し、他の4人はメンバー。地検は全員の認否を明らかにしていない。

 追起訴の内容は、3月29日午後、ワクチン接種の中止を求めて新宿区の子ども向け集団接種会場に侵入したとされる。