地震観測点で障害、速報遅れも 能登半島沖、最大5秒

気象庁

 気象庁は22日、石川県・能登半島の先端部から北西約50キロにある舳倉島の地震観測点で障害が発生したと明らかにした。影響で19日に最大震度6弱、20日に震度5強を観測した珠洲市周辺を震源とする地震が起きた場合、緊急地震速報の発表が最大で5秒程度遅くなる可能性がある。津波警報や注意報、地震発生の発表が遅れることはないとしている。観測点の復旧のめどは立っていない。

 緊急地震速報には、震源に近い二つの観測点のデータを使う。今回の障害で、より遠い観測点のデータを使うことになるため、発表が遅れるという。舳倉島周辺が震源の場合は最大10秒程度、遅くなる可能性がある。

© 一般社団法人共同通信社