博報堂DYメディアパートナーズ、テレビとデジタルの効果予測・最適予算配分ソリューションにコネクテッドTVのOTT広告を追加 / Screens

© 株式会社TVer

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(東京都港区)は、生活者のインターネット結線したテレビ(以下 コネクテッドTV)によるVODサービス視聴の急速な拡がりに対応するべく、広告主の求めるKPIに基づいて、地上波CMとPCやスマートデバイスのデジタル主要メニューの予算を最適配分し、効果を予測するシミュレーションツールに、コネクテッドTVのOTT(Over The Top)広告配信を追加搭載。「Tele-Digi AaaS」の新たなプラニングソリューションとして提供開始することを発表した。

「Tele-Digi AaaS」は、博報堂DYメディアパートナーズが提唱する、広告主の広告効果最適化を通して事業成長に貢献する次世代型モデル「AaaS」のソリューションのひとつで、テレビとデジタル(テレデジ)を統合的に管理し、効果的・効率的な広告運用を行っている。

近年のコネクテッドTVの普及により、地上波CMとPCやスマートデバイスの他デジタル主要メニューに加え、コネクテッドTVのOTT広告配信を検討する広告主が増えている。コネクテッドTVを含めた媒体やメニューの予算配分、効果予測を行うことが難しく、課題となっていた。

この課題を受け、博報堂DYメディアパートナーズは、テレデジの横断的な広告効果を予測するシミュレーションツールに、コネクテッドTVのOTT広告配信を搭載。今回、第一弾としてTVerを追加し、第二弾はYouTubeを予定している。

今回の追加開発により、地上波CMとPCやスマートデバイスのデジタル主要メニュー、コネクテッドTV上で配信されるTVer/YouTubeに対し、予算配分によって得られる広告効果の予測を算出することが可能となり、広告主のKPI目標達成に貢献することを目指す。コネクテッドTVに関する「Tele-Digi AaaS」は、今後もより詳しく広告効果がわかる測定手法の開発や、地上波とコネクテッドTVの統合運用にも拡大していく予定だという。