東部要衝、近郊の都市ほぼ壊滅か

ロシア部隊、複数の方向から迫る

© 一般社団法人共同通信社

ウクライナ・ドネツク州で、立ち上る煙=21日(ゲッティ=共同)

 【キーウ共同】ウクライナ東部ルガンスク州のガイダイ知事は22日、要衝セベロドネツク近郊のリシチャンスクについて「敵はここ数日で街を破滅的に壊した」と通信アプリに投稿した。米シンクタンクの戦争研究所は、ロシア軍が部隊を再配置、複数の方向から(リシチャンスクに)迫り「数日で到達するとみられる」と分析。セベロドネツクを巡り膠着する戦況打開を狙ってリシチャンスク攻略を急いでいるもようだ。

 親ロシア派「ルガンスク人民共和国」の幹部はタス通信に対し、リシチャンスクに通じる「ウクライナ軍の唯一の補給路を断った」と表明。同市南方の集落を制圧したとも述べた。