怪我を防ぎ球速を上げる投球フォームとは 元早実エースの指導で「ほぼ100%成功」

© 株式会社Creative2

多数のプロ野球選手が参加するオンラインサロンを運営する内田聖人さん【写真:白永崇大】

内田聖人さんは子どもたちに肘を胸のラインより前に出さない投げ方を教えている

選手を引退してから、直球の最速を硬式で154キロ、軟式で155キロまで更新した元甲子園球児がいる。「打者を抑える方法」をテーマに少年野球の子どもたちからプロまで幅広いカテゴリーの選手を指導する内田聖人さんは、怪我のリスクを抑えて球速を上げるために「肘を前に出さないこと」を挙げる。理想的な体の使い方を習得する練習の1つに、大きなボールを投げるメニューを取り入れている。

都内で野球アカデミー「NEOLAB」を運営する内田さんのもとには、少年野球の子どもたちからプロまで年齢やキャリアを問わず、様々な選手が訪れる。その中でも多いのが、球速アップを目指す投手だ。

内田さんは早稲田実業高2年の時に夏の甲子園に出場し、早稲田大、JX-ENEOS、さらには米独立リーグでもプレーした。現在は自らの経験と新たな知識や技術を組み合わせて、「打者を抑える方法」をメインテーマに指導している。運営するオンラインサロンには多数のプロ野球選手も参加し、内田さんの考え方は注目されている。

内田さんが打者を抑える方法の1つとして追求してきたのが「球速」。肘や肩に負担をかけず、全身の力をいかに指先に伝えるかを試行錯誤してきた。そして、たどり着いたのが「肘を前に出さない投球フォーム」だった。野球界では長年、肘を前に出すフォームの指導が主流となっているが、内田さんは少年野球の子どもたちにも肘を胸のラインより前に出さない投げ方を教えている。

「肘を前に出すと肘や肩に負担がかかって、怪我のリスクが上がる」

これまでの常識を覆す指導には根拠がある。内田さんは現役引退後、自らの体を“サンプル”にして、どのように体を使えば球速が上がり、体への負担が少ないかを実験してきた。そして、肘を前に出さない投球フォームにした結果、硬式で154キロ、軟式で155キロを計測した。内田さんは「肘を前に出すと肘や肩に負担がかかって、怪我のリスクが上がると考えています。最近は同じ投げ方で結果を残している投手も増えています」と話す。オリックスの山本由伸投手やソフトバンクの千賀滉大投手ら、球界を代表する投手も内田さんの考え方と一致している。

内田さんは子どもたちに指導する際、「肘を前に出さないように」とは伝えない。自然と肘が前に出なくなる体の動き方を身に付ける練習メニューを組む。その1つが、手でつかめない大きさのボールを思い切り投げる練習だ。指先でコントロールできる野球ボールと違って、肘を前に出す投げ方では、大きなボールを強く投げられない。

ボールを握ろうとせず、体全体を使ってボールに力を伝える意識で投げると、肘や肩に負担をかけず球速を上げる投球フォームが身に付く。実際、継続的に指導している選手のほぼ100%が球速アップに成功しているという。

ボールが大きいと回転が見やすいため、修正点をイメージしやすいメリットもある。大きなボールを投げる時も球速を測り、体の使い方と球速の感覚をつかめるようにしている。ユニホームを脱いでから自己最速を更新した内田さんは、球速アップの方法を自らの体で証明している。(間淳 / Jun Aida)

「肘を前に出す」は良くない? 鷹・千賀滉大が語る意識すべき投げ方とは

力強く腕を振って投げるには? ヤクルト奥川が「紙1枚」でできる練習法を紹介

2人の沢村賞投手が語る直球の握りの“神髄” プロが伝えるピッチングの極意とは?