チョーク壁画、廊下に迫力 大麻東中美術部員らが大作

© 株式会社北海道新聞社

「人類の進化」がテーマのチョークアート。前に並ぶ2年生部員たちで描いた

 【江別】大麻東中(佐藤貢校長)の2階廊下にあるれんがの壁に、チョークアートによる壁画が映えている。同校美術部(加藤咲花(はな)部長、34人)が描いた。暗い印象があった校内のれんが造りの廊下に「少しでも明るさを」と描き始めたという。大きな迫力ある壁画が、コロナ下の多くの生徒を元気づけている。

 壁画は3作あり、2年生が4月から2カ月で完成させたのは「人類の進化」(縦2.5メートル、横6.3メートル)がテーマ。人類の進化はさまざまな考えがあるが、猿人からホモサピエンスに至るまでを表現した。