阪神2軍 ルーキー豊田、中川の本塁打で5連勝 平田2軍監督「ビッグフライ2本や」

© 株式会社神戸新聞社

この日プロ初本塁打を放った中川

 「ウエスタン、中日4-9阪神」(23日、ナゴヤ球場)

 阪神は、ドラフト6位・豊田(日立製作所)の今季3号となる勝ち越し左越えソロ。ドラフト7位・中川のプロ初本塁打となる左越えソロなどで5連勝を飾った。先発のドラフト3位・桐敷(新潟医療福祉大)は、7回5安打2失点の好投。ルーキートリオが躍動した。

 平田2軍監督の一問一答は以下の通り。

 -桐敷が先発。

 「久しぶりだったので、立ち上がりにヒット打たれて。ブルペンでも悪くなかったので、どうかなと思ったけど江越のスーパープレーだね。1点は取られたけど、あれで乗っていったね。郡司のホームランも何とかね。もっと上を目指さしているから、絶対に点をやったらあかんぞと言って。点差開いている状況でも1軍のバッターだと思って投球しろと話をしているのでね。あのホームランは反省やな。あそこでしっかりと郡司を抑えてね。まあ点差も開いていたからフォアボールだけはという意味で投げているんだけど、そこを何とか抑えられるようにとレベルを上げさせているのでね」

 -やはり1軍を見据えて。

 「もちろん。7回2失点でいい投球だったじゃあかん。もっともっとスタミナ。ちょっとへばりかけたところもあったもん。粘ったけど。久しぶりの登板を差し引いたら、よう頑張ったんだけどね」

 -中川がプロ初本塁打。

 「陽川がデッドボール当たってヒヤッとしたけど、中川がデッドボールから遠征で出ていないというところで(打席に)立たせて。ビッグフライよ。いってらっしゃいじゃないよ。お帰りなさいだよ。お帰りなさいビッグフライ勇斗。思いきりがいいもん。藤田もバッティングいいし、栄枝もちょこちょこ打ち出したし、片山も入れといてやろーか。ついでじゃ失礼。1軍に行った選手や。ビッグフライハヤトオカエリナサーイや。見事なホームランだよ。1軍(でも活躍した)岡田から打ったんだから。彼の持ち味の思い切りの良さと、そういうところを見せつけてくれたな」

 -陽川は大丈夫?(頭部付近の死球で途中交代)

 「ちょっと頭近辺で肩から行ってるんで。こういう暑さだし、そういうところも含めて(下げた)。今は大丈夫ですってことで、脳震盪とかあるけどそういうのは大丈夫や。そんなことよりビッグフライや」

 -中川は愛知出身で凱旋弾。

 「地元でね。お父さん、お母さん見にきてくれてたらよかったけどね。おかえりなさい。愛知県だし。色んな意味でおかえりなさい」

 -豊田の本塁打から打線に火が付いた。

 「最初にもったいないなと、ピッチャーゴロね。ランナー二塁でスライダーを。今日3安打。竜平もそうか。一発もあって、ちょっと豊田もこれから楽しみになってきたなぁ。長打もあり、昨日ライト前。バントとかをしっかりこれからもね、そういう小技も上(1軍)に行ったらもちろん要求されるので。(片山が通り過ぎて)片山、打てるキャッチャー片山だよ。ビビってストライク入らへんよ。ビッグフライ2本や。愛知県だけに豊田(トヨタ)やな。これな。勝ってる時はこうやってスムーズに出るわけよ。君らのこういうあれが、これがキャッチボールよ。これが記者会見でしょ。負けてる時にそんなもん言えるかい。ファームやから言えるけど。まあそういうことで」