FEELM、気候緊急事態に取り組むためのSMOOREの活動の一環としてカーボン・ディスクロージャー・プロジェクトに参加

© ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社

中国・深セン--(BUSINESS WIRE)--世界最大の電子たばこメーカーSMOOREの主力霧化技術プラットフォームのFEELMは、親会社の上場の一環として、カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)に加わりました。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20220620005183/en/

CDPは独立した非営利組織であり、世界中の企業、地方自治体、組織による環境報告のための世界的な開示システムとリポジトリを管理しています。FEELMは、気候変動を緩和するための世界的な取組みの一環として、その環境影響データを測定、管理し、SMOOREを通じて定期的にCDPに開示します。

2021年には、資産合計が130兆米ドルを超える680以上の金融機関がCDPのデータ共有の要求を支持し、世界の市場資本の64%を占める1万3000社以上の企業がCDPのデータベースを通じて開示を行いました。これは、ステークホルダーが事業の持続可能な行動、環境影響データ、透明性、信頼性を評価するための高名な点数化システムおよび基準ツールです。

2022年5月にFEELMは、ゼロ・カーボンのベイプ技術ソリューションの導入、環境にやさしい材料とグリーン包装の採用、脱炭素化におけるグローバル・サプライチェーンのサポート、顧客とのベイプポッド・カートリッジおよび機器のリサイクル・プログラムの始動を含む戦略的執行計画と共に、2050年までにカーボン・ニュートラルを達成する取組みを発表しました。

CDPに参加するという行動は、FEELMのネットゼロ達成に向けた道筋における極めて重要なステップであり、投資家やその他のステークホルダーが事業活動を評価および精査することを可能にします。

FEELMの事業部門マーケティング・ディレクターのソフィア・ルオは、次のように述べています。

「カーボン・ニュートラルは、当社の事業変革の加速をサポートすることから、当社の統合的ESG戦略計画の重要な構成要素です。だからこそFEELMは、国連が2021年に刊行した『企業ネットゼロ進路』で概要が示された対策とロードマップに従っています。FEELMは、環境にやさしい低炭素経済を発展させるという当社のビジョンを達成するために、国連基準に準拠し、透明性を持って情報を開示し、国際機関や一般市民による精査を歓迎する取組みを推進します。」

FEELMは、CDPの点数化を受けることで、世界をリードする電子たばこ企業とたばこ企業(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ、フィリップ・モリス・インターナショナル、JTインターナショナル)に加わり、環境への影響を削減し、透明性を向上させる世界的な電子たばこ業界の取組みをあらためて示します。

詳細情報やジャーナリストの質問については、0044 7388 110 679またはtommy@davidroach.co.ukからTommy Gilchristにご連絡ください。

FEELMについて:

SMOOREの主力技術プランドのFEELMは、世界をリードするクローズド・ベイプ・システム・ソリューション・プロバイダーです。世界有数のセラミック・コイル加熱技術に基づき、FEELMは本物の風味の再現技術と革新的な電子技術を組み合わせ、最高の感覚と上質な吸引体験をもたらします。

SMOOREについて:

SMOOREは、ODMベースのHNB製品のための電子たばこ機器や電子たばこ部品の製造を含む電子たばこ技術ソリューションの世界的大手であり、高度な研究開発技術、強力な製造能力、幅広い製品ポートフォリオ、多様な顧客基盤を有しています。

フロスト&サリバンによれば、SMOOREは収益で世界最大の電子たばこ機器メーカーとして、2021年時点で世界の市場シェアの22.8%を占めています。その世界的な市場シェアは、2位から5位のシェアの合計を超えています。

収益で見て、2019年には市場全体の16.5%を占めた。出所:フロスト&サリバン。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Claire Dong
Emial: miao.dong@smooretech.com
Phone: (86) 13978192222