小関裕太、謎めいた闇カジノの支配人役で主演 ドラマ『ブラック/クロウズ』2週連続放送

© ブロードメディア株式会社

ドラマ『ブラック/クロウズ~roppongi underground~』主演・小関裕太(C)フジテレビ

俳優の小関裕太が主演を務めるドラマ『ブラック/クロウズ~roppongi underground~』が、フジテレビにて、前編が6月28日24時55分より、後編が7月5日25時5分より、2週にわたって放送されることが決まった。

本作は、東京・六本木の“闇カジノ”を舞台に、東京の“闇”に吸い寄せられた人々が繰り広げるアンダーワールド・ピカレスクドラマ。

小関が演じる主人公の神崎康樹は、六本木の雑居ビルで違法な闇カジノの支配人を務めているが、そこに出入りしてくるのは政治家、経済人、芸能人、スポーツ選手などさまざまな人たちだ。中にはメディアでもてはやされている今を時めく人たちも客にいる。

そこで繰り広げられる東京の夜の裏側、人々の欲望、絶望をコントロールしていく新たなダーク・ヒーローが神崎だ。時に人を絶望のどん底に落とし入れ、時に救う神崎は「ギャンブル」という札束が飛び交う夜の遊びにプライドを持って生きている。そして、その神崎はある「目的」を持って闇カジノの支配人を続けていた。

神崎は、父親が伝説の博徒であり、生粋の「ギャンブラーDNA」を持つ男。神崎には天才的な経営の才能、そして不思議な魅力があり…。

実際にあった闇カジノで起きた数々の「リアルな物語」がこのドラマのエピソードの土台となっている。東京の夜に吸い寄せられたショービズ界、スポーツ界、経済界、政界の人々…が集った都会の“闇”が描かれる。

小関は「闇カジノの支配人を務めさせていただくことになりました。支配人であると同時にディーラーをすることもあるので、最近はチップやトランプを手に馴染(なじ)ませながら生活しています(笑)」と役作りについて明かす。

そして「僕の演じる神崎は何を考えているのか本当に分かりません。強いのか弱いのか。勝っているのか焦っているのか。いつどこで寝ているのかも分からない。謎めいています。ただ神崎の目の奥には常に何かがある。ストーリー展開と共に、彼の実態も楽しんでいただきたいです。あなたを魅惑のアングラにご招待します(ドラマを見ることは合法です)」とコメントしている。

ドラマ『ブラック/クロウズ~roppongi underground~』は、フジテレビ(関東ローカル)にて、前編が6月28日24時55分、後編が7月5日25時5分放送。