ナダルがテニスの次に情熱を燃やすものとは?

© 株式会社WOWOW

2020年のゴルフ大会でのナダル

元世界王者ラファエル・ナダル(スペイン)がテニスに情熱を燃やしていることは間違いない。先日「全仏オープン」で前人未到の14回目となる優勝を遂げたナダルが、試合の最初のポイントから最後のポイントまで、誰にも負けない真剣さでプレーすることは誰もが認めるところだ。そんなナダルがATP(男子プロテニス協会)の公式ストリーミングサービスTennis TVのインタビューに答えて、テニス以外に情熱を燃やすものを明かした。スポーツウェブメディア Sportskeedaが報じている。

ナダルファンであれば誰もが予想したであろう通り、ナダルは海で時間を過ごすこととゴルフをすること、と答えた。

「趣味という意味では、海が大好きだ。海で時間を過ごすことに大きな情熱を持っている。それから、ゴルフをする。確かに今はテニスがあるから、たくさんのスポーツを練習することはできないけどね。自然にはなるべく触れるようにしている。あとは自由時間を家族や友人たちと過ごすことだ」

2年前にナダルは豪華なクルーザーを購入し、「グレート・ホワイト」と名付けた。米経済誌Forbesによれば、そのクルーザーの推定価格は約620万ドル(約8億3600万円)だという。

そしてゴルフと言えば、ナダルは毎年のように地元のアマチュアゴルフ大会に参加している。実際、先週末にも出場してパー72のコースを76打で回り、ナダルは参加者68名中5位だった。

家族が何より大切だから故郷を離れる気はないとも語っていたナダル。子供が生まれれば家族と過ごす時間はますます大切なものになることだろう。

※為替レートは2022年6月20日時点

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2020年のゴルフ大会でのナダル
(Photo by Quality Sport Images/Getty Images)