小田急まなたび、社会科見学ツアー…第1弾はダムとコラボ

© 株式会社イード

服部牧場

小田急電鉄は、小田急まなたび企画の一環として、大人から子供までが楽しめる日帰りバスツアーのシリーズ企画「小田急まなたびde社会科見学ツアー 沿線再発見」を2022年7月30日にスタートする。第1弾企画として、「『宮ヶ瀬ダム監査廊』特別見学&服部牧場・オギノパン本社工場見学へ」を宮ヶ瀬ダム周辺振興財団と協力し、7月30日と8月20日に実施する。旅行代金(税込)は、大人8,800円、4歳~小学生8,300円で大人1名から申込可能。同ツアー商品は、2022年6月24日午前10時に小田急トラベルWebサイトにて発売される。

新シリーズ「小田急まなたび de社会科見学ツアー」は、特定のジャンルを深く掘り下げる従来の「まなたび企画」をさらに充実させ、地域の企業や団体との共創をコンセプトに、普段立ち入ることができないスポットの見学等を企画してゆくもの。小田急沿線の魅力の再発見や、小田急グループ等の乗り物をテーマとして定期開催する。

第1弾企画となる日帰りバスツアー「『宮ヶ瀬ダム監査廊』特別見学&服部牧場・オギノパン本社工場見学へ」では、海老名駅付近から出発。朝一番の爽やかな時間に服部牧場を訪れた後、宮ヶ瀬ダムへ。「水とエネルギー館」でレクチャー付きで水資源の利用と保全の必要性・重要性についての理解を深め、午後からは普段は関係者以外立ち入ることができないダム内部に備わる管理用通路「監査廊」を、宮ヶ瀬ダム周辺振興財団との協力により特別に見学する。猛暑日でもひんやりと涼しい特別な施設内では、探検気分を味わいながらダムの仕組みや役割を学ぶことができる。その後、地域の給食でもお馴染みのオギノパン本社工場を見学する。

地域の名物グルメが堪能できることもツアーの魅力となっており、服部牧場では新鮮な牛乳で作ったジェラートが、昼食には宮ヶ瀬ダムを一望できるレイクサイドカフェで「宮ヶ瀬ダム放流カレー」がそれぞれ楽しめる他、おやつの「五平餅」とお土産のオギノパン看板商品「丹沢あんぱん」も用意される。

「小田急まなたび」は、「沿線の文化や歴史の再発見」や「学びある体験や旅行」を提供する特別企画で、沿線の観光地やレジャースポット等を通じたその土地でしか味わえない楽しみ方を提案し、地域と協力して訪問客に地域の魅力を伝えるもの。沿線地域の観光地が人々の笑顔であふれ、訪問客にその地域への愛着をもってもらえるように、同社では今後も学びと旅の企画をつくってゆく。

◆小田急まなたび de 社会科見学ツアー/沿線再発見「『宮ヶ瀬ダム監査廊』特別見学&服部牧場・オギノパン本社工場見学へ」(添乗員同行)

日時:2022年7月30日(土)・8月20日(土)全2回(日帰り)

募集人数:40名 ※先着順・最少催行人数は20名

旅行代金(税込):大人:8,800円 4歳~小学生:8,300円 ※4歳未満でもバス座席を利用する場合は子供旅行代金が必要 ※OPクレジットカード会員は300円引き(OPクレジットカードにて精算の場合)※昼食「宮ヶ瀬ダム放流カレー」・おやつ「五平餅」・お土産のオギノパン名物「丹沢あんぱん」付き

申込方法:小田急トラベルWebサイトから申し込む(発売は6月24日(金)10:00)

【行程】

8:50 海老名駅東口 企業送迎ターミナル「e-CAT」集合

・服部牧場にてジェラートを堪能(小学生以下の参加者は牛の乳しぼり体験付き)

・宮ヶ瀬ダム「水とエネルギー館」にてレクチャー・見学

・レイクサイドカフェにて昼食(「宮ヶ瀬ダム放流カレー」)

・宮ヶ瀬ダム「監査廊」を見学

・宮ヶ瀬湖畔園地にて自由行動

・オギノパン本社工場にて見学・買い物

17:15ごろ 海老名駅東口周辺で解散

※事情により変更・中止となる場合も

増田有紀