与野党が複数区てこ入れ

党首や幹部、各地で演説

© 一般社団法人共同通信社

街頭演説に耳を傾ける有権者ら=24日午前、横浜市

 参院選3日目を迎えた24日、与野党党首や幹部は改選複数区を中心にてこ入れを図った。岸田文雄首相(自民党総裁)は公明党候補の応援のため横浜市で街頭演説し、与党が連携して「物価高騰に立ち向かう」と訴えた。立憲民主党の泉健太代表は地元の京都入りに先立ち滋賀県草津市で演説。防衛費の大幅増額を求める自民を批判し「野党の議席を伸ばし、政治を大きく変えていこう」と呼びかけた。

 13ある複数区では与野党が候補者をそれぞれ擁立しており、いずれも激戦を繰り広げている。票田の都市部で比例票の積み上げを図る。神奈川は非改選の欠員1の補充を含む計5議席、京都は2議席を争う。

横浜市で街頭演説する自民党総裁の岸田首相=24日午前
街頭演説する立憲民主党の泉代表=24日午前、滋賀県草津市