HTB、国連の気候キャンペーン「1.5°Cの約束–いますぐ動こう、気温上昇を止めるために。」に参加 / Screens

© 株式会社TVer

HTB北海道テレビ放送は、SDGsメディア・コンパクト加盟社として、国連広報センターと日本の加盟メディアとが共同で展開する気候変動に何するキャンペーン「1.5℃の約束-いますぐに動こう、気温上昇を止めるために。」に参加することを発表した。

【関連記事】国連と日本メディア共同キャンペーン「1.5℃の約束 - いますぐ動こう、気温上昇を止めるために。」始動

キャンペーンタイトルには、日本を含む国連の気候変動枠組条約締約国が、昨年11月にイギリスのグラスゴーで開催された第26回締約国会議(COP26)で示した、世界の平均温度上昇を産業革命前と比べて1.5℃以内に抑える努力を追求する決意が含まれている。

国連広報センターとキャンペーンに参加するSDGsメディア・コンパクト加盟社は連盟でステートメント(決意表明)を発表した。(※本キャンペーンスタート時点での参加は国内170のSDGsメディア・コンパクト加盟社のうちHTBを含む108社)。

本キャンペーンは、6月17日より始動しており、各国首脳や世界のリーダーたちが、アメリア・ニューヨークに集結する第77回国連総会ハイレベルウィーク初日の9月19日から、エジプトで開催される気候変動枠組条約第27回締約国会議(COP27)の最終日(予定)である11月18日までの2カ月間をキャンペーン強化期間とし、国連本部と連携して日本の取り組みのグローバルな発言を模索することにしている。また、気候変動に関する様々な情報発信や啓発活動を行う予定。

リリース