NCT 127・ユウタ、京セラD公演で大阪凱旋 両親から「本当に頑張ったね」

© 株式会社マイナビ

多国籍ボーイズグループ・NCT 127がグループ初となる日本ドームツアー「NCT 127 2ND TOUR‘NEO CITY:JAPAN -THE LINK'」の大阪・京セラドーム大阪公演を6月25日、26日に開催。公演前の囲み取材で、ユウタが家族とのエピソードを明かした。

ユウタ

本ツアーは、約2年3カ月ぶりの日本公演となった5月22日の愛知・バンテリンドームナゴヤ公演を皮切りに、東京・大阪と3カ所5公演22万人を動員。メンバーの夢の世界へ観客を引き込み、同じ夢を体験するというコンセプトの公演となっている。

東京ドーム公演では涙を見せたテヨン。その理由を聞かれ「前日、ホテルにいたときからステージの上に立つ自分たちの姿を想像しただけで胸がいっぱいになっていました。ここまで来るには、多くの努力がありました。皆が努力をしたからこその会場の反応だったと思うと、感動して涙が出ました」と明かした。

ヘチャンは、今回のドームツアーでは日本の活動で初めて個人的に外出できる時間を持つことができたと喜びを語り、「お兄さんたちとショッピングしたり美味しいものをたくさん食べたり、NCT 127というグループについてもたくさん話すことができました。日本食が大好きなので、いろんなものを味わうことができて記憶に残っている」と目を輝かせた。

大阪公演で“凱旋”となるユウタは、ライブのための大阪入りで家族と一緒にご飯を食べたエピソードを披露。「僕が韓国に行った16歳のときから今までの苦労だったり、お母さんやお父さんに助けてもらったことだったり色んな話をしたんですけど、いつも最後には『本当によく頑張ったね』と言ってくれます。『私たちにとって誇りだよ』とも言ってもらえてすごくうれしかった」と振り返り、「もっともっと京セラドーム公演、頑張らないとなと思っています」と決意を新たにした。この宣言にテヨンからは「頑張れユウタ」と声をかけられ、ハイタッチを交わしていた。