中国の滬渝蓉高速鉄道、武漢-宜昌区間の工事進む

© 新華社

中国の滬渝蓉高速鉄道、武漢-宜昌区間の工事進む

 【新華社武漢6月25日】中国上海市と重慶市、四川省成都市を結ぶ滬渝蓉(こゆよう)高速鉄道の武漢-宜昌区間では、建設工事が着実に進められている。同区間は本線の総延長が313キロ、設計時速350キロで、縦横各8本のルートからなる中国の高速鉄道網「八縦八横」の長江沿いルートの幹線を構成している。完成後は移動の利便性が向上し、長江経済ベルトの質の高い発展を支える。(記者/侯文坤)