アメリカ陸軍、タトゥー禁止規定を緩和

© 高橋浩祐

Kosuke Takahashi

Journalist

Kosuke Takahashi

Journalist

英軍事誌ジェーンズ・ディフェンス・ウィークリー東京特派員。ホリプロ所属。ハフポスト日本版前編集長。米コロンビア大学院ジャーナリズムスクールと国際公共政策(SIPA)修了。NK Newsや論座等にも寄稿中。英語ツイッター@TakahashiKosuke

Kosuke Takahashiの記事一覧を見る

アメリカ陸軍は6月23日、タトゥー(入れ墨)についての禁止規定を緩和し、手、耳の後ろと首の後ろのタトゥーを認めると発表した。陸軍のリクルーティング活動が厳しい状況に陥っているため、タトゥーを入れた若者にも入隊の門戸を開くことにした。

クリスティン・ウォーマス陸軍長官が23日、タトゥーに関する新たなルールを示した。それによると、兵士は左右両手にそれぞれ、長さ1インチ(2.54センチメートル)以下のタトゥーを1つ入れることが認められる。首の後ろにも、2インチを超えないタトゥー1つを入れることが許される。左右両耳の後ろにも、最長1インチのタトゥーを1つずつ入れることが可能となる。

しかし、顔や首の前方へのタトゥーはこれまで通り、禁止される。

アメリカ陸軍はこれまで指へのタトゥーのみを認めてきた。このため、タトゥーに関して、より寛容な方針をとってきた海軍や海兵隊に、人材を奪われていると指摘されてきた。

アメリカ陸軍は現在、リクルーティング活動で困難に直面している。2022年度(2021年10月1日―2022年9月30日)の最初の5ヵ月で入隊募集人数目標の約23%にしか達していない。

その一方で、アメリカの若者の間ではタトゥーの人気が高まっている。アメリカ陸軍訓練教義コマンド(TRADOC)によると、18歳から34歳までの人々の41%が少なくとも1つのタトゥーを入れているという。

なお、日本の自衛隊では、自衛官の「品位を保つ義務」を定めた自衛隊法58条1項に基づき、タトゥーは禁じられている。

(関連記事)

アメリカ空軍、パイロットの身長制限を撤廃――小柄な女性にも道開く

(Text by Takahashi Kosuke)無断転載禁止

この記事はいかがでしたか?