需給逼迫で節電呼びかけ

東電管内に注意報、冷房控えずに

© 一般社団法人共同通信社

厳しい暑さの中、日傘を差して歩く人たち=27日午前、JR東京駅前

 東京電力管内では27日、気温上昇に伴う冷房利用の増加などで電力需給が逼迫する恐れが強まっており、経済産業省は管内の家庭や企業に対して午後3~6時の節電を呼びかけた。前日に発令した全国初の「電力需給逼迫注意報」に基づき、使っていない照明を消すなど、無理のない範囲で、できる限りの節電を求めている。

 熱中症の危険性も高まっているため冷房は控えず、適切に利用することも同時に求めた。

 電力供給の余力を示す予備率は東電管内で27日午後4時~4時半には4.7%、午後4時半~5時は3.7%に低下する見通し。安定供給には最低限3%が必要とされる。

経済産業省=東京・霞が関