東証大幅続伸、379円高 米利上げ加速への懸念後退

東京証券取引所

 週明け27日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続伸した。終値は前週末比379円30銭高の2万6871円27銭。物価高抑制を目指す米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げ加速への懸念がいったん和らいだことから、投資家に買い安心感が広がった。半導体などハイテク関連銘柄を中心に幅広い銘柄が値上がりした。

 東証株価指数(TOPIX)は20.70ポイント高の1887.42。出来高は約11億900万株。

 東京市場では、新型コロナウイルス禍からの国内経済回復への期待も支えとなり、平均株価は午後に入って400円超上昇する場面もあった。

© 一般社団法人共同通信社