カーシェア「タイムズカー」、アプリで解錠/施錠可能に - 最大450分無料キャンペーン

© 株式会社マイナビ

「タイムズカー」がアプリでの解錠/施錠に対応。iPhoneは2月から対応している

タイムズモビリティは6月28日、カーシェアリングサービス「タイムズカー」のAndroid向けアプリにおいて、会員カードを使わずアプリのみで車を解錠/施錠できる機能を提供開始した。iOS版はしている。

タイムズカー(旧:タイムズカーシェア)は、レンタカーのように店舗で手続きをする必要がなく、車を予約してステーション(駐車場)に行けば24時間365日いつでも車を借りられるサービス。2022年末時点で会員数は180万人を超える。

ステーションから乗り出す際、従来は車両に備え付けられたカードリーダーに会員カードをかざして解錠する必要があった。今回のアップデートでアプリが会員カード代わりになり、予約から決済、利用までアプリのみで完結できるようになる。ただし、電波状況などにより一部ステーションでは利用できない場合があるため、会員カードは今後も携帯するよう呼び掛けている。

アプリで利用開始も返却も!アプリを使おうキャンペーン

新機能の提供開始を記念して、「アプリで利用開始も返却も!アプリを使おうキャンペーン」を実施する。キャンペーン期間は6月29日~8月31日。

以下4点の特典が用意され、最大450分のカーシェアeチケットをもらえる。条件などの詳細は、6月29日午前中に公開予定のキャンペーンページで告知される。

  • 特典1:アプリ解施錠の利用登録で「30分カーシェアeチケット」プレゼント
  • 特典2:アプリでタイムズカーを予約→利用すると「30分カーシェアeチケット」プレゼント
  • 特典3:利用開始/終了のどちらかにアプリ解施錠を使うと「30分カーシェアeチケット」プレゼント
  • 特典4:特典1~3をすべて達成した人から抽選で2,000名に「6時間カーシェアeチケット」プレゼント