7月2日より放送スタートの『シュート!Goal to the Future』エンディング主題歌スペシャルPV解禁

© 株式会社近代映画社

7月2日より放送スタートする『シュート!Goal to the Future』のエンディング主題歌入りスペシャルPVが解禁となった。

大島司による累計発行部数5,000万部のサッカー漫画の金字塔「シュート!」。
1990年から2003年までの約13年間にわたり週刊少年マガジンで連載され、1993年にアニメ化、1994年には講談社漫画賞少年部門を受賞し同年SMAPのメンバーの出演で実写映画も公開されてきた。今回新作アニメとして放送となる。

約13年間にわたり連載されてきた原作は、掛川高校サッカー部が、全国優勝を果たす最強のチームへと変貌を遂げるまでを描いた物語。「伝説の11人抜き」や「サッカー、好きか?」等、記憶に残る名シーンも多く、漫画ファンのみならず、プロ・アマの垣根を超えサッカー選手にもファンが多いサッカー漫画。その人気は日本だけでなく、英語、中国語、韓国語、タイ語、インドネシア語など様々な国・地域で現地語に翻訳・出版され、北米・ヨーロッパではアニメも放映された。
そんな人気を博した本作が、連載終了から19年の時を経て、サッカー界が盛り上がりを見せる2022年 FIFA ワールドカップに合わせ、完全オリジナルで新作アニメとして復活する。
今作では、元イタリア名門チームの“世界の闘将”神谷篤司と、神谷の出身校で、今は弱体化した掛川高校に通いサッカー部と距離を置こうとする辻秀人の2人が出会う時、新たな伝説の幕が開ける。

放送は、2022年7月2日より、いよいよスタートする。
放送を目前とした今回、all at onceが歌うエンディング主題歌「RIVALS」入りのPVが解禁となった。
理論派の ITSUKI と感覚派の NARITO による2人組ボーカルデュオのall at once。スポーツが大好きな all at once の ITSUKI は、元々「シュート!」を見ており本作に関われるのが嬉しいと語るほどの「シュート!」ファン。そんな2人が繰り出すハーモニーが、掛川高校のイレブンたちの闘いと青春の物語を、優しくも静かに盛り上げる。
このスペシャルPV では、「RIVALS」の楽曲に合わせ、キャラクター達の葛藤や過去が、次々と写し出される。
本作の主人公・辻秀人(cv.小林千晃)の希望に満ち溢れた眼差し。「俺たちは、必ずお前達を倒して全国へ行く」孤独でサッカー嫌いだった秀人が、仲間と共に全国大会に出場する熱い気持ちを込め、豪快にシュート。その他、暗がりのベットの上で涙する秀人の姿や、掛川高校愛にあふれた風馬成(cv.小野友樹) が、眼鏡が印象的な黒川昴流(cv.土岐隼一)に掴みかかる姿も。いつも冷静で仲間想いな黒川と、情熱的でサッカーにまっすぐな風馬の友情物語にも注目です。さらに、幼馴染・小久保公平(cv.土屋神葉)が、大好きな秀人に抱きつくシーンも!?そして PV の最後には、“世界の闘将” 神谷篤司(cv.梅原裕一郎)が、秀人に語りかける。
「何事もマジでやっていれば、周りと衝突してしまうこともある。お前のサッカーはどこでやるんだ?」と...。「夢を夢のままで終わらないで」「君がいれば負けられない」all at once が歌うエンディング主題歌「RIVALS」が、掛川高校サッカー部の熱い青春をキラキラ輝かせる。

エンディング主題歌「RIVALS」 放送直前スペシャルPV

『シュート!Goal to the Future』

放送局
2022年7月2日より
AT-X/TOKYO MX/テレビ静岡/読売テレビ/BS 日テレ/BS フジ 他

キャスト:小林千晃、土岐隼一、小野友樹、土屋神葉、梅原裕一郎、鳥海浩輔、
     前野智昭、斉藤隼一、真白健太朗、鈴木崚汰、松村龍之介、廣瀬大介、佐藤祐吾、保住有哉、広瀬裕也

スタッフ:
原案 大島司「シュート!」(講談社刊「講談社漫画文庫」)
企画 ボアソルチマネジメント、クランチロール
監督 中村憲由
副監督 北村淳一
キャラクターデザイン 秋山由樹子
シリーズ構成 広田光毅
音響監督 山本浩司

OP 主題歌 宮川愛李 「アオレイド」
ED 主題歌 all at once「RIVALS」

監修 出崎哲
アニメーション制作 EMT スクエアード

公式 HP: shoot-anime.com
公式 Twitter: @shoot_anime

©2022 大島司/シュート!Goal to the Future 製作委員会