ヤフー、世の中の気分を推定する「全国ムード指数」を公開

© 株式会社マイナビ

ヤフーでビッグデータ・AI技術の研究開発を行うYahoo! JAPAN研究所は、検索キーワードに基づいて世の中の気分の浮き沈みを推定する「全国ムード指数」

を6月28日に公開した。今後、週単位の傾向を公開していくという。

「全国ムード指数」は、2019年奴から実証実験を行い、慶應義塾大学SFC研究所 上席所員(常勤)の大越匡准教授(環境情報学部)と連携して作成した、検索キーワードから世の中の気分を推定するAI「検索気分モデル」に基づいて算出するもの。これまで同指数は一般公開していなかったが、より多くのユーザーにAIやデータを使ったテクノロジーの楽しみや将来の可能性を知ってもらうためとして、公開を行うことになった。

これまでの分析では、「土日は数値が高くなり、月曜は低くなる」「新型コロナによる緊急事態宣言が発令されると数値が低くなる」、「新型コロナに関して、第一波、第二波と時間が経過するにつれて、数値の低下具合が緩和されている(新型コロナに慣れつつあることが推測される)」などがわかったという。