値下げでNHK減収

コロナで制作費も減

© 一般社団法人共同通信社

 NHKは28日、2021年度決算を発表した。事業収入は前年度から112億円減の7009億円となり、その大半を占める受信料収入は20年10月からの値下げなどの影響で、94億円減の6801億円だった。

 事業支出は、新型コロナウイルスの感染拡大による番組制作費の減少や、営業改革に伴う受信契約のための訪問活動の縮小などにより、261億円減の6609億円となった。

 収入から支出を引いた事業収支差金は前年度比148億円増の400億円と黒字を確保し、2年連続で減収増益となった。