NASA、月周回探査機打ち上げ 基地建設へ軌道実地調査

28日、探査機「キャップストーン」を載せニュージーランドから打ち上げられるロケット(ロケットラボ提供・共同)

 【ワシントン共同】米航空宇宙局(NASA)は28日、20年代後半にかけて建設予定の月周回基地「ゲートウエー」の先遣となる探査機「キャップストーン」を、ニュージーランドの発射場から打ち上げた。基地が飛行する予定の軌道に投入し、半年ほど実地調査する。

 基地は、日本も参加する国際月探査計画「アルテミス計画」の有人月面探査や、その次に目指す火星探査の拠点になる。月の北極の上空千数百キロと南極の上空約7万キロをつなぐ細長い楕円形の軌道は、少ないエネルギーで安定飛行が続けられる有利なコースと考えられている。

 キャップストーンは電子レンジほどの大きさで、重さ25キロ。

© 一般社団法人共同通信社