北海道警副署長に万引疑い 事情聴取後自殺か

北海道警察本部

 北海道警が、数百円相当の菓子を万引したとして窃盗容疑で深川署副署長を務める50代の男性警視を事情聴取していたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。警視は容疑を認めたものの、聴取後に死亡。自殺とみられる。道警は容疑者死亡のまま書類送検する方針。

 捜査関係者によると、警視は18日、旭川市内のスーパーで菓子を盗んだ疑いが持たれている。勤務時間外に私用で来店していた。任意で事情を聴かれた後、札幌市内で死亡しているのが見つかった。

© 一般社団法人共同通信社