ロティーナ監督の契約解除 J1、最下位の神戸

ミゲルアンヘル・ロティーナ監督

 J1で最下位に沈む神戸は29日、ミゲルアンヘル・ロティーナ監督(65)との契約を解除したと発表した。後任は吉田孝行氏(45)。神戸は今季3度目の監督交代となる。スペイン出身のロティーナ氏は4月上旬に立て直しを託されたが果たせず、クラブは18試合を終えて2勝5分け11敗の勝ち点11。

 開幕から7試合で4分け3敗だった3月に監督の三浦淳寛氏を解任し、続く2試合はコーチのリュイス氏が暫定的に指揮を執り連敗。J2東京VやJ1のC大阪、清水を率いた実績があるロティーナ氏を招いたが、9試合で2勝1分け6敗と低迷を脱出できなかった。

© 一般社団法人共同通信社