【速報】鬼怒川で流された19歳実習生死亡 茨城・筑西

筑西署=同市直井

茨城県筑西市下川島の鬼怒川で遊泳中の男性が28日に流された事故で、茨城県警筑西署は29日、男性が現場近くの水中で見つかり、死亡が確認されたと発表した。同署で事故原因や死因を捜査している。

死亡したのはベトナム国籍で同市布川、技能実習生、男性(19)。同署によると、同日午前8時15分ごろ、消防隊員が水中で発見した。28日午後6時ごろ、同国籍の友人5人と遊泳に鬼怒川を訪れ、同15分ごろに流されていた。

© 株式会社茨城新聞社