太平洋安定へ意思疎通を継続

日韓豪NZが初の首脳会談

© 一般社団法人共同通信社

日韓豪NZ首脳会談に臨む(右奥から時計回りに)岸田首相、ニュージーランドのアーダン首相、オーストラリアのアルバニージー首相、韓国の尹錫悦大統領=29日、スペイン・マドリード(代表撮影・共同)

 【マドリード共同】岸田文雄首相は29日(日本時間同)、韓国、オーストラリア、ニュージーランドの首脳とスペイン・マドリードで会談した。インド太平洋地域の平和と安定に向け、緊密な意思疎通を継続する方針を確認した。4カ国首脳による会談は初めてで、首相が主催した。

 4カ国首脳は「ロシアによるウクライナ侵略」を非難。インド太平洋と欧州の安全保障は不可分との認識に基づき、4カ国が連携しながら北大西洋条約機構(NATO)と協力を進めることを申し合わせた。

 会談には、韓国の尹錫悦大統領、オーストラリアのアルバニージー首相、ニュージーランドのアーダン首相が出席した。