【韓国】7月からマルチビザ発給、日台マカオが対象[観光]

© 株式会社NNA

韓国法務省は29日、有効期間中なら何度でも入国できる「複数査証(マルチビザ)」について、7月からは日本と台湾、マカオを対象に発給すると発表した。マルチビザの有効期限は取得から1年間となる。

韓国政府は6月1日に観光目的の短期滞在(C—3)ビザ(単数)の発給を再開したが、一部の国・地域で申請が殺到し、発給までに時間がかかっている。外国人観光客の誘致に乗り出した旅行業界などからの改善要求を受け、需要が特に急増中の日本と台湾、マカオの外国人観光客向けにマルチビザを発給することを決めた。

また、ビザの申請手続きも簡素化し、申請書とパスポート、往復航空券を提出するだけで申請できるようになる。

マルチビザ制度は、新型コロナウイルス禍で効力が停止されている無査証(ノービザ)制度が再開されるまで実施される。