廃棄家電を不適切処理か

レオパレス、環境省と協議

© 一般社団法人共同通信社

レオパレス21本社=30日午後、東京都中野区

 賃貸アパート大手のレオパレス21が、マンスリー賃貸事業で発生した廃棄家電の一部を不適切に処理していた疑いがあることが30日、分かった。家電リサイクル法は許可を受けた事業者に再利用できる部品を取り除かせた上で廃棄するよう求めているが、関係者によると、同社はこの過程で生じるリサイクル料の負担を免れた可能性がある。

 同社は同日、共同通信の取材に対し「産業廃棄物処理の観点から是正すべき点が存在したことは事実で、深くおわび申し上げる。環境省に相談しており、今後是正を図っていく」と回答した。