半導体企業売り上げランキング 2022年第1四半期版、Samsungが首位を堅持

© 株式会社マイナビ

Omdiaによると2022年第1四半期の半導体市場は、前四半期比0.03%減の1593億4700万ドルとなり、2020年第4四半期以降5四半期連続で更新していた売上高の過去最高記録は頭打ちとなった模様だという。

Omdiaの半導体担当上席アナリストであるCliff Leimbach氏によると、「半導体産業の総売上高は2020年第2四半期以降、四半期ごとに増加を続け、2020年第4四半期からは、四半期ごとに過去最高売上高を更新してきた。 しかし、市場は2022年第1四半期にこれら両方の流れが止まり、2020年第1四半期以来、初の下落となった」と述べているが、市場規模を考えると減少幅は極めて小さく、半導体の売上高は過去最高に近い水準のままであるともしている。

実際に、この減少幅は、過去の基準からみても低いという。一般に、第1四半期は、クリスマス・年末商戦後の季節的な需要減少の影響を受け、前年の第4四半期比で売上高は低下するものと認識されてきた。Omdiaでも2002年に四半期ごとに市場調査を行ってきたが、第1四半期の前四半期比の成長率は平均4.4%減ながら、2022年第1四半期はほぼ横ばいであり、平均を大きく上回る状況にあるという。

2003年~2022年の第1四半期の半導体売上高の前四半期比比較 (出所:Ondia)

CMOSイメージセンサが苦戦した2022年第1四半期

Omdiaによると、同四半期におけるほぼすべての半導体コンポーネントの成長率は、同5%減から同5%増の間に収まったという。例外はCMOSイメージセンサで、同16%減となった。この背景として、同社では、以下のような要因があるとしている。

  • 世界的な原材料価格の上昇に伴うインフレ圧力
  • 消費支出、とりわけスマートフォン向けが低下
  • 主要市場におけるパンデミックの影響が継続し、スマートフォンや他の電子製品向けサプライチェーンに影響を与えた。

業績悪化のIntel、急浮上するAMD

Omdiaによると、2022年第1四半期における半導体企業別売上高ランキングトップはSamsung Electronicsで、前四半期は2位のIntelをわずかに上回った程度であったが、2022年第1四半期はメモリからの収益が堅調であり、その差を広げる結果となったという。

また、Intelの競合で、Xilinxの買収を完了したAMDが8位から6位へと順位を上げてきたことも注目される。このほか、メモリ市場(DRAM、NAND、NOR)は同2.2%減と踏みとどまっていることから、メモリメーカー各社は強い存在感を示しているとしている。