英誌エコノミストがブタと中国人を比較するツイートを削除、中国で炎上―中国メディア

© 株式会社 Record China

環球時報や観察者網などの中国メディアによると、英誌エコノミストは29日、ブタと中国人を比較して批判を浴びたツイッターへの投稿を削除した。

エコノミストは28日、「世界の穀物のほとんどは人間に食べられない」とする記事を宣伝するため、ツイッターに「2019年にブタは4億3100万トンの穀物を食べた。これは中国人より45%多い」と投稿した。

この投稿は記事からの抜粋で、記事は国、地域、年ごとの食物消費データの分析に焦点を当てたものだが、ブタと中国人を不適切に比較したことについて、ネット上では「ひどい」「人種差別的」「人間性の抹殺」などの批判や「権威ある雑誌だと思っていたが、それほど良くないことが分かった」と失望する声が上がった。

中国国際テレビ(CGTN)アンカーでベテランジャーナリストの劉欣(リウ・シン)氏も「人間ならそんな書き方はしない」と批判していた。(翻訳・編集/柳川)