台湾からマカオに到着したマンゴーから新型コロナウイルス検出

© 大航海時代新聞出版社有限公司

新型コロナウイルスが検出されたマンゴーは廃棄処分に(写真:ICM)

 中国本土ほか各地で輸入コールドチェーン(低温物流)やフルーツ等に付着したウイルスをきっかけに新型コロナの市中伝播につながるケースがしばしば報告されており、マカオでも厳格な防疫措置が講じられている。

 マカオ市政署(IAM)は6月30日午後、台湾から輸出され、マカオへ到着したマンゴー(20箱、計100kg分)について、29日に当該貨物に対して実施した新型コロナPCR検査の結果が陽性と判明したため、全量を密封の上で廃棄処分にしたと発表。市中には流入してしていないとのこと。

 また、当該貨物の周辺環境について徹底消毒を実施し、接触者に関する資料を衛生局に提出するほか、同じ供給元の産品に対する輸入申請の受け付けを向こう1週間にわたって見合わせる措置を講じたとした。

新型コロナウイルスが検出されたマンゴー保管場所周辺環境の消毒の様子(写真:ICM)

 IAMでは、事業者に向け、輸入食品外包装の洗浄・消毒の強化、市民に対して小売店等で販売されている輸入品に触れた後の手洗いの励行を呼びかけている。

 これまでにマカオでは香港から到着した乳製品の外包装、インドネシアから到着した冷凍エビのパッケージ、ポーランドから到着した冷凍鴨舌肉など、複数回にわたって輸入食品の新型コロナ陽性事例が出現している。

 6月18日以来、マカオでは新型コロナの市中陽性者の出現が相次いでおり、累計は600人規模に上る。感染力が強いとされるオミクロン変異株の派生型「BA.5.1」によるものとされるが、依然として具体的な感染源は明らかになっていない。

この記事はいかがでしたか?