「2022FNS歌謡祭 夏」SP企画が続々! GENERATIONS、20th Centuryの出演も決定

© 株式会社東京ニュース通信社

フジテレビ系で7月13日に放送される「2022FNS歌謡祭 夏」(午後6:30)に、工藤静香、GENERATIONS from EXILE TRIBE、20th Century、MONGOL800らが出演することが決まった。相葉雅紀と永島優美アナウンサーが司会を務める同番組の今回のテーマは「ドキドキ・ワクワク」。豪華企画の数々も発表されている。

映画「ONE PIECE FILM RED」から、Adoが歌唱パートを担当することでも話題を呼んでいる劇中のキャラクター、世界の歌姫・ウタが番組初出演。映画の劇中楽曲であり、中田ヤスタカが楽曲提供した主題歌「新時代」、Mrs.GREEN APPLEが楽曲提供した「私は最強」の2曲を特別演出で披露する。

また、沖縄の本土復帰50年を記念したスペシャル企画も。沖縄ゆかりのISSA、桐谷健太、島袋寛子、夏川りみ、BEGIN、三浦大知、満島真之介、宮沢和史、MONGOL800ら豪華アーティストが、多くの人に愛される沖縄の名曲の数々を届ける。三浦は、沖縄を舞台にしたNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」の主題歌「燦燦」を故郷・沖縄で初歌唱。満島は番組初出演で、沖縄の大先輩・ISSAと、喜納昌吉の名曲「花~すべての人の心に花を~」をコラボレーションする。

さらに、番組恒例のミュージカル企画では、7月から東京・帝国劇場で上演されるミュージカル「ミス・サイゴン」より、伊礼彼方、高畑充希、海宝直人、上原理生らが出演。劇中楽曲「火がついたサイゴン」「命をあげよう」「世界が終わる夜のように」のスペシャルメドレーを歌唱する。

そして、番組の代名詞であるアーティスト同士の豪華コラボレーションも決定。ミッツ・マングローブが所属する音楽ユニット・星屑スキャットと20th Centuryのコラボが実現。松下洸平は德永英明と、デビュー35周年を迎える工藤静香は氣志團と、ToshlはT.M.Revolutionと、昨年から本格的に音楽活動をスタートしたELAIZA(池田エライザ)は木村カエラと、それぞれコラボパフォーマンスで魅せる。今年デビュー50周年の郷ひろみは、代表曲の「お嫁サンバ」「2億4千万の瞳-エキゾチック・ジャパン-」を、高校生マーチングバンド部とのコラボで熱唱する。