佐藤勝利&福本莉子「赤いナースコール」印象的なメインビジュアルが解禁! 主題歌はみゆなの「凝視」に決定

© 株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京系では7月11日にスタートするドラマプレミア23「赤いナースコール」(月曜午後11:06)のメインビジュアルが解禁された。怪しげな深紅色を背景に、包帯によって拘束されている春野翔太朗役・佐藤勝利と三森アリサ役・福本莉子。このビジュアル撮影時に2人の全身をぐるぐる巻きにした包帯の⾧さは、なんと合計45.5m。さまざまなトラブルが巻き起こり、病院から出られなくなっていく、今後の不穏なストーリーを予感させる仕上がりとなっている。がんじがらめに巻かれた包帯がほどかれ、病院を脱出する日はやって来るのか? 果たして2人に訪れるのは幸せか? それとも…!?

秋元康が企画・原作を手掛け、佐藤が主演を務める本作は、“5分に1回の恐怖”をテーマに、病院を舞台にした史上最恐ミステリー&ノンストップ・ラブサスペンス。1組のカップルが事故を起こしてしまい、ある病院に入院することになるが、「この病院何かがおかしい…⁉」。個性豊かで奇妙な入院患者たち、何か含みのある医者や看護師たち、一見すると普通なのにぬぐいきれない違和感をまとった病棟、そして並行して病院の外で起きている連続殺人の謎――。「この病院で何が起きているのか」「何故、人が死んでいくのか」「主人公たちは何故、この病院に入院したのか」…さまざまな人間ドラマと恐怖を伴うミステリーが展開する。

さらに、主題歌がみゆなの「凝視」に決定。みゆなの個性的で力強い歌声と、曲中に散りばめられたセリフ調の歌詞が特徴的な疾走感のあるナンバーだ。手に汗握るような不気味さと目まぐるしい展開がテンポよく繰り広げられた迫力のあるトラックへと仕上がってる。8月24日にリリースされるみゆなの1stフルアルバム「ガイダンス」にも収録をされることが決まっている。

「このような素晴らしいドラマに私の楽曲『凝視』を選んでくださりありがとうございます」と感謝を口にするみゆな。「この楽曲を作るにあたって、誰かを見つめる誰かに見られているという関係は時に面倒で、厄介で、特別なものなのではないか。見つめる先の相手は果たして自分のイメージ通りの人なのか。そして見つめられている私は相手のイメージ通りの人なのか。半信半疑で過ごしている毎日でも『相手のことが好きだから』という、とてもシンプルな糸でつながれているのではないかなと思いました。このような感情で作った楽曲が、きっとドラマの内容とリンクする瞬間があると思います。狂気と愛で満ちあふれた『赤いナースコール』と、私の楽曲『凝視』が、皆さまの脳に焼きつく瞬間を体感してください」とメッセージを寄せている。