首相、「サハリン2」対応協議へ

石油・天然ガスの事業者と

© 一般社団法人共同通信社

 岸田首相は1日、ロシア極東サハリンの石油・天然ガス開発事業「サハリン2」に関するプーチン大統領の大統領令署名について事業者と対応を協議する考えを示した。那覇市で記者団に「事業者と意思疎通を図って対応を考えなければいけない」とし、大統領令により「すぐに液化天然ガス(LNG)が止まるものではない」とも強調した。

 大統領令では、ロシア側の条件に同意する外国企業は1カ月以内に申告すれば新会社で現在と同じ出資比率を維持できるなどとしている。首相は「大統領令に基づき、正式にどんな対応を求めてくるか確認しないうちに、何か申し上げることはできない」と述べるにとどめた。