北朝鮮、新型ウイルスは国境の「不審物」からと主張 韓国は反発

© BBCグローバルニュースジャパン株式会社

北朝鮮の国営メディアは1日、同国での新型コロナウイルスの流行について、韓国との国境付近で住民が「不審物」に触れたのがきっかけだと報道した。その上で、南側から飛んでくる物体には警戒するよう、国民に呼びかけた。

韓国の活動家らは長年、リーフレットや人道支援物資などを風船にくくりつけ、北朝鮮へ飛ばす活動を行っている。

北朝鮮の主張に対して韓国政府は、新型ウイルスがそのような方法で国境を越える「可能性はない」と断じた。

「山中の不審物から感染」と

北朝鮮国営メディアは、流行初期に感染した18歳の兵士と5歳の子供について、韓国との国境付近で未確認の物体に接触していたことが公式調査で明らかになったと報道。

2人は4月初めに山の中で物体を見つけた後、検査で陽性と発覚したと伝えた。

そして、「悪質なCOVID-19ウイルスはその後(中略)朝鮮民主主義人民共和国に急速に広まった」とした。

この調査結果を受け、国民には、「境界線と国境に沿った地域では、風などの気象や気球でやってくる不振なものに警戒して対処するべき」という指示が出ているという。

また、不審物を発見した人はすぐに報告するよう指示しており、緊急防疫チームが迅速に撤去するという。

今回の報道は、韓国に直接の言及はしていない。それでも韓国の統一省は、北朝鮮による「原因説明」を強く否定した。

北朝鮮と韓国の国境は封鎖されており、世界でも有数の厳しい警備体制が敷かれている。脱北者や韓国の活動家らは長年、反北朝鮮政府のメッセージを添えた風船を、北朝鮮側へ飛ばしている。

北朝鮮は4月下旬以降、470万件におよぶ「熱病」への対応に追われている。これは、検査されていない新型ウイルス感染だとみられている。

最高指導者の金正恩(キム・ジョンウン)総書記は5月、このパンデミックは「建国以来、我が国に降りかかった(最大の)混乱」だと説明した。

北朝鮮は今年に入るまで、新型ウイルスの感染者はいないと主張していた。しかし一部の専門家は、以前から同国でも感染が広がっていたとみている。

中国との鉄道を再開後に

人口2500万人の同国は、ワクチン不足とぜい弱な医療制度のため、新型ウイルスに特にもろいとみられている。しかしここ数週間は、政府が中国製のワクチンを受け入れたという報道が出ている。

しかしその場合、ワクチン接種者がどれくらいに上るのかは不透明だ。

当局はここ数週間で新規感染報告が劇的に減ったと述べているが、政府が実際よりも低い数値を公表しているとみる向きが多い。

北朝鮮は、世界的なパンデミックが始まった2020年初頭以降、中国との国境も封鎖してきた。しかし、両国間の鉄道の運行を再開し、その数カ月後にアウトブレイクが始まった。

北朝鮮を専門とする林乙出(イム・ウルチュル)教授はロイター通信の取材に対し、ウイルスが中国経由で北朝鮮に入ってきたと示唆することは、中国が大規模なオミクロン株のアウトブレイクに見舞われている中では特に、困難かつ外交的にも繊細な問題を生みかねないと説明した。

「もし北朝鮮が、ウイルスが中国から来たと判断すれば、国境付近の検疫を強化する必要があり、北朝鮮と中国の貿易がさらに悪化することになる」と、林教授は指摘した。

(英語記事 North Korea claims Covid arrived on 'alien things'