習近平国家主席 李家超香港行政長官と会談

© 株式会社 Record China

香港を視察した習近平国家主席は1日午前、就任直後の香港特別行政区の李家超行政長官と会談しました。

習主席は席上、李家超氏の香港特別行政区第6代行政長官の就任に祝意を示した上で、(祖国復帰後)25年間を経て「一国二制度」の実践と香港の発展のいずれもが新たな歴史的地点に到達しており、多くの市民は李長官と新しい特別行政区政府に期待を寄せていると述べました。さらに李長官に対して、「行政長官の憲制に対する責任を忠実に履行し、特別行政区政府を率いて『一国二制度』の方針と基本法を全面的に正確に貫徹し、香港各界の人々と団結して実務に着実に取組み、香港を『乱』から『治』に、さらに『治』から『興』へと推し進め、香港の『一国二制度』の新たなページを書き進めていくことを期待する。中央政府は行政長官と新しい特別行政区政府の法に基づく施政を全力で支持する。行政長官と新しい特別行政区政府、そして香港の未来に自信を持っている」と語りました。

李行政長官は習主席と中央政府の信頼に感謝を表明し、「私は重大な責任を背負っていることを心得ている。全力を尽くして特別行政区政府を率いて、しっかりと仕事に取り組み、新しい施政の気風をもたらし、発展の新たなページを書き進めていく」と述べました。(提供/CRI)