「MUSIC FAIR」でCDデビュー25周年を迎えるKinKi Kidsを特集。名曲の数々&新曲「Amazing Love」を披露!

© 株式会社東京ニュース通信社

フジテレビ系で7月23日に放送の「SHIONOGI MUSIC FAIR」(土曜午後6:00)では、今年でCDデビュー25周年を迎えるKinKi Kidsを特集する。

1997年にシングル「硝子の少年」とアルバム「A album」でCDデビューしたKinKi Kids(堂本光一、堂本剛)は、同局とも縁が深く、CDデビュー前の96年から音楽バラエティー番組「LOVE LOVE あいしてる」にレギュラー出演していた。今回は同番組で共演した吉田拓郎との懐かしい思い出話や驚きのエピソード、山下達郎の作曲による話題の新曲「Amazing Love」制作時の秘話まで、たっぷりと語る。

番組は、2004年のシングル曲「Anniversary」のアコースティックバージョンで幕開け。あらためて25周年の感想を聞かれた光一は、「あまりピンと来ていないけれど、四半世紀という長い時間をずっとついてきてくださったファンの皆さんに感謝を伝えないといけない時だと思います」、剛も「人生で考えると、とんでもなく長い時間。今そばにいてくださる方々はもちろん、これまで関わってきて、ここに連れてきてくださったすべての人にも感謝したい」と率直な心境を明かす。

さらに、2人が忘れることのできない「LOVE LOVE あいしてる」から生まれた「全部だきしめて」「好きになってく愛してく」の2曲を披露。この番組から親交を深めてきた吉田について聞かれ、光一は「めちゃめちゃ純粋な人」、剛も「少年でした。ただただ、真っすぐな人ですね」と、その人柄を伝える。

そして、最後を締めくくるのは、「硝子の少年と、7月27日発売の最新シングル「Amazing Love」のメドレー。ともに山下による楽曲だ。

「硝子の少年」について、光一は「達郎さんから、僕たちが30代、40代、50代になっても歌える曲としていただいた曲で、本当にその言葉通りになった。今歌っても全然恥ずかしくない。でも、年を重ねれば重ねるほど歌うのがめちゃくちゃ難しい曲だということに気付き始めて、いつになっても歌う時に緊張する曲なんです」と告白。

25周年記念第2弾シングルとなる「Amazing Love」は、山下の作った曲に光一と剛が歌詞をつけた。この新たな試みに関して、光一は「2人の思うところが一致した部分もあって6時間くらいで完成した。その6時間の間に2人とも何回達郎さんのまねをしたか分からない」と話し、剛は「まねして確かめるんです。歌詞を書く際に達郎さん独特のビートを生かしてこそ、達郎さんに書いていただいた意味があると思うんです」とその理由を説明する。

25年という長い時間をエンターテインメントの最前線で走り続けてきたKinKi Kids。その足跡をたどる30分間は必見だ。